忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 9 10
11 13 14 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
DQ11小説アンソロジー主催を勢いでしている傍ら、switch購入してバケツを愛でるイカであり、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □

通らねばならぬ道!という訳で、ゼルダの伝説ブレスオブワイルドをプレイしております。
本当にアクションとか苦手なんですけど、皆が面白いと挙って言うゲームは『通っておかなくてはならぬ道』という称号と共にいつか絶対プレイしてやるという気持ちになるものです。逆転裁判、スプラトゥーン、ゼルダBOWと、お陰様で多くの名作に出会えたので、ハズレは基本なしと思っております。
あ、でも3DS版ゼノブレイドはダメでしたね。あれは大きい画面でやるゲームだったのかもしれません。最初の街出てしばらくしてプレイをやめてしまいました。
今後の候補としては、星のカービィスターアライズ、大神、ベヨネッタ、DQビルダーズなどそうそうたるラインナップです。

さて、開口一番にいうこと。
世界が広い。
どこまでも、マジでいけます。
図鑑の画像すら自前で用意する世界なので、もう、どこから凝りだしても止まりません。
そこに山があるから登るんだ、と登山好きは言いますが、本当に山登って頂上につくと満たされます。
遮るものもなく、崖だってガンガン登ります。ばんばん飛び降りてパラグライダーで滑空します。釣りがないのは残念ですが、木は切って薪に出来るし登ってリンゴだって取れる。魔物はそこらへんで寝てるので、爆弾で吹き飛ばしたりしています(外道)

しかし、何が素晴らしいって『今の便利になったPRGにはない、かつての不便極まりない世界だから感じたドキドキ』がそこにあることです。
ここに通っているのはDQ好きですからわかってくれるはず。
昔、そう、ロト三部作くらいの時、攻略サイトなんかなかったじゃないですか。自力で探して、自力で見つけて、『やったー!』って達成感があったはず。自力で見つけられなくても、誰かに聞きにいく、それだけで立派なリアルクエストでした。
昔、地図なんか便利じゃなかったじゃないですか。DQ2なんかどこまで歩けぱルプナガに到着するのか不安になりませんでした?勇者の泉なんか最奥がとても遠く感じませんでした?毒消し草と薬草の残りを確認し、行くか帰るかを真剣に悩んだのは貴方だけではないはずです。
そう、ゼルダBOWの世界にはこの不安や未知のドキドキがあるんです。広すぎて見つからなくてたどり着かなくて迷子になったり、夜が来てゾンビが湧くから引き返して、超おっかない機械に追いかけ回されてもなお目の前に塔を登ろうとする駆け引き。
道で泣く人に声をかけたら命を狙う刺客とか、恐ろしいのなんの。雨が降ったら屋根があるところに人々は駆け込み、魔物にうっかり出くわして逃げ惑う旅人を助けることもあります。
本当に、夢中になります。
私が思い描いていたRPGの世界がそこにあるような気がします。人が生きている世界。想像で補っていた部分が、ゲームとして体現したというべき作品でしょう。
夢中になっていた原因を理解して、消化できて来ているので、もう少ししたらプレイ時間を制御できるようになると思います。

明日は春イベントで精霊の村でベラちゃんが愉快なことするっぽいのでアストルティアに行きますが、しばらくはゼルダの世界に入り浸って世界が救えるかは別として(戦闘めっちゃ難しい。アクション苦手なのが遺憾なく発揮されている)世界一周はして来たいと思っております。
PR


Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]