忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
07 2018/08 09
S M T W T F S
2 4
6 7 9 10 11
12 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
DQ11小説アンソロジー主催を勢いでしている傍ら、switch購入してバケツを愛でるイカであり、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □

さて、ゼルダの伝説BoWは鬼門だった雷の神獣ボスを、現状の最強攻撃力の貴重な武器を犠牲にして殴り倒しました。これで英傑全員を解放したわけですが、やはり好きなのはダルケルさんという大柄な人と、リーバルさんという鳥っぽい彼でしょう。
ダルケル氏は子孫の坊やが頑張ってて、その頑張りを快活に認めてやるダルケルさんというストーリーの良さが強い。
リーバルさんはリーバルさん本人のキャラが立っていましたが、現代の戦士の体を張った頑張りもあって胸熱です。
魚族のミファーちゃんは弟君が付き合いが長くなるほどに、面白いし良い奴だなって思えるところがいい。せっかく現代と過去がつながっている民族なので、そこの関わりを演出できたらもっと良かったかなっと思えました。
一番残念なのが、ウルボザの姉貴。もう完璧にゼルダ姫のママンってくらい気遣いのできる紳士。ミファーちゃんの優しさががっつかない分類のために、姉貴の母のような包む愛が際立つ。オカン気質で好きなのだが、それゆえに完璧で共感するべき隙がないのが残念でした。子孫のルージュちゃんの頑張りも、過保護な側近のおかげで斗出しないのも残念。シド王子の鱗煮詰めた汁でも飲ませてもらったほうがいい。

マスターソードは神獣を手に入れないと無理なのかと思ったら、そんなことはなく、迷いの森を抜けたら剣を抜く試練に挑めてしまいました。いや、神獣を手に入れる前がどうだったかは、確認できないがそれでも、突破に特別な因子を感じなかった。
何気に、なんでもできてしまうハイラル。侮りがたしです。

現在は厄災ガノン討伐のための侵入経路を模索しています。ハイラル城下町の酷い有様を見ていると、胸が痛くなります。

あぁー。でも、ガノン怖いなぁー。
ラスボスは怖くて結構尻込みするタイプなので、今が正念場です。


ちなみに、今、ロトの剣の試練が全国で展開されていて、友人が見事ロトの剣を手にしました。勇者の末裔と判明した友人が、誕生日プレゼントがてら譲ってくれるそうなんですけど、受け取って魔王退治に行かなくてはならないのか戦々恐々です。
本当に試練が難しく、多くの冒険者の屍が試練の舞台の前に転がっているとか…。
試練の名はUFOキャッチャー。とてもクリアできる気がしない…。
PR


Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]