忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 5 6
14
16 17 18 20 21
23 25 26 27 28 29
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
様々なゲームに浮気しつつ、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコと芋けんぴがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □
17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7

久々の緩く考えるシリーズは『DQ10創作界隈』です。歴代のシリーズもそうですが、こちらの内容は全て稲野の個人的見解でできています。多くの人々が抱く印象ではございませんことを、ご了承ください。

さて、DQ10小説を書く人をちらほらと見受けられるようになりました。
と、当然昔からいましたよ。とはいえ、最近は交流も盛んに行われているようで、賑わいを感じられるようになっています。他のDQ創作界隈と異なるのは、DQ10がオンラインである性質と同期していて、発表の場がHPではないTwitterなどのSNSやpixivに多く見られています。そしてその場が選ばれるのもオンラインの醍醐味である交流がメインであるからです。時代の流れと交流という目的から、より顕著化した発表の場であります。
うちの子の貸し借りなどがDQ10界隈ではよくあって、仲良く和気藹々とした雰囲気を醸しています。

DQ10創作界隈は他のシリーズにはない傾向があって、なかなかに面白いものです。
まずは『うちの子』です。
DQ3がうちの子は一番流行したかもしれませんが、DQ10はそれ以上。DQ10界隈の『うちの子』は基本的にプレイヤーが操作しているキャラクターそのものの傾向がほとんどです。拙宅の小説で言えばルアムがこれに当たります。逆にDQ3小説でいう勇者の仲間になるうちの子、つまり設定はゲームに依存するもゲーム上には存在しない創作キャラは少ない傾向にあります。
また、自身が操作しているキャラクター故に、種族が6種族分。
ドレスアップも公式がすごく頑張っているので、髪の色、瞳の色、服も染色できて千差万別で作者好みのキャラが作れます。
このうちの子の特別感が賑わいの大きな力になっているのは間違い無いでしょう。

さらに面白いのは創作の傾向。
『うちの子』ことプレイヤーが操作するキャラは、ゲーム上では主人公であります。DQ3で言えば勇者。
しかし個々の創作になると『うちの子』は『アストルティアの片隅に存在している一人の人物』として描かれる傾向が強いです。町で店を営業していたり、一人の冒険者として日銭を稼いだりしています。これは世界を背負った主人公としての『うちの子』よりも、アストルティアで自由(創作主の願望)に生きる『うちの子』が魅力的に感じられるからでしょう。アストルティアの広さを感じられます。
その為に小説界隈に限ってみると、DQ3のように主人公がゾーマを倒す物語を描く人が少数派に感じます。
当然交流では『プレイヤー総主人公』設定は邪魔ですらあるので、交流で個性を持たせるという意味ではアストルティアに生きる一人の冒険者のような扱いの方がいいのかもしれません。メタ的に言えば、オンラインとして現在も果てのないストーリーを展開する10を最初から最後まで書こうなんて奇特な人種は普通いない。
これの公式が『蒼天のソウラ』で、主人公はアストルティアに生きる一人の冒険者。ゲーム上での主人公は別にいるというものです。ちょっと古い方面で振り返れば『知られざる伝説』的な手法なので、ちょっと回顧してきた流れば面白いと思います。

DQ創作界隈は舞台は変われど賑やかなのだなって改めて思います。
私ですか? 私は今まで通り、淡々とこつこつ積み上げていくだけのことです。あまりスピード感のある創作は出来る質では無いですからね。最近は拍手をぽちぽちしてくれる頻度が上がった気がして、本当に感謝でいっぱいです。
PR


Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]