忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
様々なゲームに浮気しつつ、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコと芋けんぴがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □
17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7

稲野が一度は通っておきたかった名作、大神をついにクリアしました!
ストーリーは一度クリアしたんですが、はぐれ珠というやり込み要素を達成してクリアすると特殊なエンディングが観れるらしいのでそこまでやってからクリアにしようと心に決めていました!

ストーリーは文句なしの最の高。
中盤に良いエンディングだなーって所からの俺たちの冒険はまだまだ続くんだよって展開が大好きです。むしろ、ラスボスっぽい存在が早々に来て、かつ、実力がないのに大丈夫なのかと思ったら、案の定倒し方が分かってなくって討伐に30分も掛けたのは良い思い出です。だらしのない元凶のスサノオが、最後の最後に凛々しく見えたのは演出の為せる業。男気を感じました。
随所随所に日本昔話のアレンジを盛り込んでいて、カグヤの話は昔話に見えて物語の考察に欠かせない要素であったり、八犬伝の犬達の可愛さにメロメロしてました。ヒミコさんとかワダツミさん、ツヅラオさんが悲しい結末を迎えてしまうあたりが、闇との熾烈な戦いを感じさせていました。
カムイはアイヌ系に親しみがあればもっと楽しめたのかもしれませんが、それを差し引いても良かったです。
最終戦の演出は、ちょっと、自分が考えてる9に似ていたのでやっぱ神様系はこの流れ行っちゃうよねーと思いながら泣いてました。うぅ、涙腺が弱い人なんです。星のカービィトリプルデラックスのように演出ガツガツ入れてくる最終戦はなんだかんだで燃えます。楽しかったです。
とにかく、キャラが一人一人しっかりと作られていて、誰にでも感情移入できる。筆神一柱にもキャラ付けがされており、思い出そうとすれば「あの●●」と特徴まで上げられるほどでしょう。本当に一人一人に思い出がある作品でした。
徐々にスピード上げていくアマテラスちゃんの爽快感が素晴らしいです。しばらくはちょっとした段差でジャンプしちゃう癖がついてしまうことでしょう。走った跡に花が咲くのも、ジャンプしたら木の葉が舞い綿毛が飛ぶのも、見ていてとっても楽しいです。神様ってこういうものなのかもしれないし、もののけ姫のシシガミ様を思い出します。鳥居を潜るか潜らないかで世界が変わるのも、オカルト的に大好きでした。神様の世界を親身に感じます。巻物の絵柄もすごい好き。延々とスクロールしちゃう。
過去にとてつもない文明を匂わせる設定も大好きです。

残念だったのは四国九州沖縄に行かなかったこと。私はカムイクリア後に行けるんですよね?ヤマト乗っちゃうよ?乗っちゃったよ!エンディングだよウソダーーーーーー!!!って絶叫しました。
山陰には出雲が、九州には桜島、沖縄だって良いじゃない、四国のお遍路のネタなんかそれだけで一本新作行けるだろう!とか思うレベルだっていうのにぃいいい!!あぁ、残念すぎて辛い。発売して大分経つタイトルなので、続編まだなのは諦めるべきなんですよね。しょんぼり。

アクションはスプラトゥーンで大分鍛えられたおかげか、割とすんなりいけました。ボス戦も初見で全部撃破行きましたし、イダテンやハヤトの追いかけっこも直ぐクリア、爆走カイポク姉さんの競争も1日練習して鼻差勝利に漕ぎ着けてます。羅城門連戦はうっかり一回異袋を使用してしまいましたが回復に気をつければ勝ててしまうレベル。
大神推しの友人はアクションが大変と言っていましたが、今の私なら大丈夫だったようです。むしろ発売当初の自分であったならクリアはさぞや大変だったことでしょう。カイポク姉さんの競争とか投げ出していた可能性もあります。
完璧の攻略は、このゲームでは初めての動画録画を採用。そうしなければ倒せない。諦めない心を得た気がします。

本当に素晴らしい作品でした。この作品に触れられたこと、幸せです。
また、面白い作品があったらどんどん触れていきたいものです。

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!
PR


Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]