忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
様々なゲームに浮気しつつ、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコと芋けんぴがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □
1 2 3

初登場のビャン・ダオとガノのお話格納です。
いやぁ、私、ビャン君好きでしてねぇ。でれでれ。
本当は彼が登場するガタラ外伝クエストの話も何度かチャレンジしたんですけど(この外伝クエスト大きい布石で書きたいと思ってはいる)、なかなか良い端折りが出来ずに書けないままです。ビャン君が目覚めて、色々あって、グルヤンラシュを追いかけて、最果ての地下遺跡に行くまでを二話編成にしても難しい。それでも、ビャン君が今後重要キャラとして舞台に上がってくるので、ぼちぼちと登場してもらいました。
彼はガタラ外伝クエストと砂上の地下帝国の間にアストルティアを巡っていると話していたので、この話がその真っ最中です。単独でも彼の人柄ならいけるとは思うですが、なんだか遺跡も潜ってるっぽいし、レプリアというお供とドルボードのオリジナルも一緒です(原作では腕っ節が上がった感がないので、相棒いないと危なそう)。一応、アストルティアの星でのガタラ外伝の時系列は、ネルゲルさん打倒後なのでそれほど沢山は巡れていませんが世に慣れて行動範囲を広げてきたところでしょう。
ちなみにレプリアというかガチャコッコも、念願の登場です。実はDQ9小説のヴィータさんの相棒として最初考えられていたガチャコッコですが、ヴィータさん全然相棒必要ない感じだったのでボツになってしまったんですよね。今回道具使いは相棒いてこその職業になったので、ビャン君の相棒になっていただきました。ガチャコッコではなくレプリティアですが、ガラクタ城のなんでも転がってそうな説得力に助けられてます。

地道に伏線を引いていく展開が続くのは原作も同じなので、ぼちぼちやっていきたいです。
PR

昨日、寝る前、タンドリーチキンが食べたいって思ったんです。
タンドリーチキン食べたい(この話の主旨)

なんか続くフレンのお見合い話。
フレンの親的存在がこんな見合いの場を拒否しそうなので、シュヴァーンが巻き込まれるだろうな面白いとか思いました。お屋敷と一緒に来た執事さん達は見合い成功を願ってるので、なんというか味方と言い切れない。それなりに不安はあるだろうなぁと。きっと1回行けば2回目はシュヴァーンいなくても行ってくれると思う。

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!

無事、友人に嫁入りしたので『稲野の考えた最高の山姥切国広のぬいぐるみ』を追加しました。
当然の布着脱可。布の裏は滑りやすい素材で、まんばくんに負担少なくしています。
座位、布装備時のみ立位可。
実は腹巻き外せる(はず。縫い付けてなかったと思う)
外しても大丈夫なくらい作り込んでる。我ながら頭おかしい。
ジャケットの柄とかまで再現してる。頭おかしい。
友人チェック項目にしれっと入ってた、靴のかかとも抜かりない(お!かかともちゃんと作ってある!って呟かれた時は、内心、チェックしますよねー!バッチリ作り込んでますけど、危なかったーーーーーーーー!って穏やかじゃなかった)
髪の毛に厚みがある。(この稲野が作ってますからね!)
さすがフェルトマスター稲野!とお褒めの言葉をいただいた(実績が解禁されました!)

腕の装具だけは縮小率と再現度の問題で再現できず。(小さくなりすぎてバランスが崩れる)口惜しい。
耳がやたらにでかいのは、稲野の耳フェチが炸裂したから。もふれます(大事)

4月のキッド君に続いて、結構、オンリーワンな嫁を作るのは楽しいです。
いつも世話になっている友人が喜んでくれて満足。お菓子もらった、絶対に美味しいやつ。

先週くらいにテイルズ系からの閲覧者様が多めに来られたので、まだ需要あるんだなぁーって思って更新しました。
前回のフレンに対する『屋敷で断りの手紙を書くな』的な話の顛末もあります。
まだお見合いネタは1つくらいあるかもです。

話数の増えた深夜のカフェというか居酒屋の話。毎回、今回の飯は何にしようって悩むのが地味に困ります。その場でシュヴァーンが作るので、ケーキみたいな作るのに時間が掛かるものが使えないのが地味に痛いです。前回のグラタンはある程度仕込んであるのを使えるって思ってますが、ユーリはわがままだから『おっさんが作ったのが食べたい』とか言いそう。ふざけるな。そんなわがままな野郎にはシュークリームもケーキもアイスもなしだ!とかシュヴァーンの代わりに稲野が切れてます。

ちなみにシュヴァーンが手土産に持参するものは時間かけたものでもオッケー。ヴィア夫人が作ったものを持たせる場合もあるし、持っていく日時が判明してるから手間暇かけたものを作ってる設定も通ります。
ただし、わがままな青年には手土産はない!

墓荒らし編前編を格納しました。
この後はしばらくアンちゃんメインで大魔王と戦う為に、あれやこれやする話が続いていくことでしょう。

後編はガノさんとゲストキャラ(今後もぽつぽつ出てくる予定)が参戦するので、ゲストキャラの戦い方を考察する為に少し間が空きます。いや、ゲストキャラ、職業というか戦い方を道具使いにしようと思ってるんですが、私、道具使いメインで使ったことがないんですよね…!トラップジャマーとか凄く良いらしいって話は聞くし、色々妄想膨らむ特技が盛り沢山なんだが、実際自分が使うってなると、分かんないから遠慮しとくわーって尻込みしちゃうんですよね。よくないですね。頑張ります。
なんだかんだ言って稲野もあんまり職業こなれてなくてですね、現状でがっつり使いこなせてるのは『僧侶』『旅芸人』『レンジャー』『武道家』あたりですね。最近は武道家のテンションキープでボコスカ殴ってダメージ叩き出す戦法で、ボスを撃破する主力になってきています。旅芸人とレンジャーもやることいっぱいあって忙しいくらいに立ち回れます。僧侶はメインストーリー撃破用。皆にボコスカ殴ってもらって、自分を含め皆が死なないように立ち回るのがお仕事です。
今は弓魔法戦士をレベル上げ中なんですが、なんかパッとしないですね。スキル上がり切ってないからって理由でも、90台後半のレベルで使い勝手が見えてこないあたりは未熟なんでしょうね。フォースで相性を見極める術が未熟だし、やっぱ片手剣で殴った方がいいのかもしれない。こういう認識が道具使いにもあって(道具使いの方がやばい)、小説で書けるレベルではまだないのです。

はぁーーーーー!ニート生活飽きてきたーーーー!(早い)
お腹の調子がイマイチになるから、健康維持のために仕事したい!(そこ)


拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]