忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
7 8 9 10 11
14 17 18 19
21 22 24 25 26 27
28 29 30
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
様々なゲームに浮気しつつ、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコと芋けんぴがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □
1 2 3 4

先日、レンタルホームページ大手のジオシティーズが閉鎖になったんですが、自分が繋げているサイトさんもそのまま閉鎖になっちゃったみたいで寂しいなぁって。いや、縮小かけてる感はあったので、このまま…っていう事に驚きはありません。ただ、余韻の素晴らしい小説書く方だったので残念だったなぁ、と。
ただ、人の人生、時間の使い方は人それぞれですので、ただ私が寂しい言ってるだけで寂しがってるからって無理してもらう必要などないのです。好きに生きていけば良い。私も好きに生きていますしw

次回の更新の時には、リンクも整理している事でしょう。
PR

ここ一週間くらい出てこなかったんですけど、アンダーテール熱は落ち着きました。
現在は手芸に集中しつつ、DQ10最新バージョンをクリアすることを最優先に回していました。というのも、リンクしていて日々見るのを楽しみにしている大辞典wikiがネタバレ公開期間に入ったからです。ちょっとネタバレ見ちゃったので、ネタバレに塗れる前に、ネット断ちしてでも最新バージョンをクリアせねばなるまいと思って息巻いてました。

結果は当然の勝利!!
って言いたい所ですが、何回も敗北を喫し
数多の奇跡に助けられた勝利でした。

何と言っても最新バージョンのラスボス、最大の敵は回線処理速度の低下!!!!今までのプレイで未知の出来事です!!オンラインゲームなので、処理速度が落ちると、こちらがコマンド入力しても処理が追いつかず行動起こす前に敵にボコられる。自分が回復役をカカロンと担っているので、自分が死ぬと連鎖的に全滅に追いやられてしまうのですが、自分が致死ダメージを受けた→HP0で死亡の処理が遅れてもう一人の回復役であるカカロンさんが回復に回ってくれないという恐ろしい現象。
これも、敵の攻撃が非常に苛烈であることが問題なのですが、人が多い時間だと処理速度が『いっぱいいっぱいです』って状態になるのでサーバーも非常にやばい。処理速度矢印(正常緑、重い黄色、無理赤)が黄色になっているのだからやばい。
その為に攻略が人のいない昼に行うべきと判断。

それでも処理が遅れて後手に回り死ぬ。

まじか。

最終手段としてfpsだったかフレーム処理を60と30で任意にプレイヤーで切り替えられるんですが、安定重視で30にしてどうにか処理遅れがなくなるレベルになる。こんなことをしなくてはならぬゲームだったとは、ちょっと思わなかったです。
(基本的にFF系列のオンラインなどは非常に難しい為に演算処理高めを推奨してるんですが、DQ10は割と演算処理能力高くなくても大丈夫って風潮ではあったのです)

それでも

攻撃苛烈すぎて運が絡む。半分切り込める時もあったが、1分も保たずに全滅させられたこともあった。装備とか耐性とか万全にしても、全滅タイムに非常に振れ幅があって、安定した戦いはどこにあるのだろうってレベル。
なんかもう運を味方につけられるかとか、そんな余裕は一切ない。
連続メラガイアーで沈まないから安心してとか何一つ言えない。地震ですっ転びもやばいが、HP半分切ってからくるフィールド範囲攻撃でめっちゃ動かされる。
ラスボスHP10%を切った時、相手が猛攻してくることは知っていた。が、猛攻のレベルが半端ない。もう、死ぬ。生きてらんないとか絶望する暇もない程度にヤバイ。バンバン死んで生き返らせるタイミングなど存在しないくらい。
自分がHP2桁の真っ赤っか、仲間は2人死亡。僧侶だったので聖者の唄が発動可能状態だが、聖者の唄は発動がとにかく遅い。その間に連続攻撃が主軸のボスから連続メラガイアーが降ってくる。もう死ぬしかない、全滅しかないと思った私だったが、なぜか聖者の唄のコマンドを入れた。しかし、先述した通り、聖者の唄はとにかく発動が遅い。敵の攻撃の前に発動することはとにかく不可能だったのだが…

なんと、回避と盾ガードが連続発生して(もしかしたら、合間にカカロンさんの回復が間に合ったのかも。あまりにも刹那なことゆえに把握ができなかった)、敵の攻撃を無傷で切り抜け、聖者の唄が!!!発動!!!!!全員生還!!!!!!
これは稲野のRPGの歴史でも類を見ない奇跡!!
本当に奇跡と呼ばざる得ない!!!
そしてその数秒後、私たちはラスボスに勝利した!!!!!


うおおおおおおああああああああああ!!!!(勝利の雄叫び)


最近のバージョンラストのボスは丸一日とか掛けて何度も挑んで何度も負けてその果てに勝利するとかそんな感じなので、この雄叫びは色んな思いの丈が詰まっています。

はー。これで大辞典のネタバレもドンとこいだぜ!
手芸もぽちぽちやってますが、これも今月中旬には終わらせたいものです。更新作業に戻れると良いなぁー!

拍手に感謝!なかなかお礼に来れず申し訳ないです!ありがとうございます!!

ツイッターでは賑やかに感想言ってましたが、アンダーテールというゲームをプレイしてました。
ツイッターのフォロワーさんがジャンルを問わずに全方位から推してくる、名作間違いなしの品でございます。実際にプレイして名作間違いなしでした!いや、待って、解散しないで!
一週目クリアして、現在二週目なんですが、『誰も死なない優しいRPG』のキャッチフレーズ吹っ飛ぶ世界でした。
最初から裏切りとか憎しみぶっこんでくる強烈なインパクト。可愛いプクリポの中身がゲスいと評判のゲスリポの理屈を、物分かりの悪い鈍感な稲野に1分で教えてくれる素晴らしい作品です。もうあまりの罵詈雑言というか厳選された罵倒、いや、磨き抜かれた悪言に私の憎しみゲージが天元突破ってレベルです。私はこんなにキャラに憎しみを抱く事ができたんか!と感心するレベルです。ゲマとか殺せる分、可愛い。この3日間ほどは、そいつへの憎しみで一色でした。
東方に見られる弾幕回避をするというプレイスタイルが東方未経験者の私には新鮮でした。wiki見るとインディーズゲームなので、様々なオマージュやパロディがあるとのこと。世界が広がります。
流石、インディーズゲームということで、洞窟物語もそうでしたが、難易度はなかなかの鬼畜。現在は無血エンドを目指しているんですが、HPが低いうえに弾幕躱すスキルも低いので手中力が持ちません。もう一つはゲーム中にもあった『DQみたいに魔物を殺してLV上げしたらどうなるんだろう?』の回答にあたる殺戮エンドは怖くで出来ないので動画を震えながら見ております。サンズさん、マジでかっこいいです。私も業火に焼かれたい。アンダイン姉さんの勇者っぷりは最高です。でもやっぱり殺すのは怖いんで、殺戮エンドは怖くてできない(二度いう)。
無血エンドを見るまで、もう少し頑張りたい。こういう風に、誰かが作った作品に触れると、世界が広がるなぁって思います。

ちなみに、刀剣乱舞は池田屋1階に来たんですけど、これ、何度も行かなきゃいけないのか。

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!

珍しく三連休だったのですが、ろくに創作できなかったという体たらく。3日目にしてようやくエンジンかかりました。今週中には更新したい(がくり)

そういえば、本日は本を買いに出かけたのですが、帰り道にものすごい近くで「ほーーほけきょ!」って聞こえるわけです!頭の上とかそれくらい近く。
うぐいす!とか反応しちゃうんですけど、うぐいすってとっても警戒心が強いんですよね。
見れないだろうなぁーとか思いながらも、今までで聞いたことのないくらい至近距離に聞こえるので、ちょっと進んでから足を止めて声の方角をじっと見ていました。
すると、枝の間に小鳥が止まったんです。
うお!うぐいす!とか前のめりになっちゃいますけど、うぐいすはとっても警戒心が強いので(重要なことなので二度言う)、鳴き声に合わせて動くのかじっと見つめて待ちます。
「ほーーーーほけきょ!」に合わせて体が動きました!うぐいす確定!やった!うぐいす初めて見た!
と感動に浸りながら帰宅しました。想像以上に色が茶色というか彩度が低めでしたが、検索して納得の彩度の低さでした。
ちなみにうぐいすが平仮名なのは、私がうぐいす見たテンションが子供っぽい感じのテンションだったからです。うぐいす!って感じ。ウグイスだと青年くらい。鶯だともうめっちゃ落ち着いた大人の余裕を感じます。違うんだよ。うぐいすって感じなんだよ。一生に一度のレベルだったんです

メジロちゃんも可愛いです。一度窓と布団の間に挟まってるのを助けたことがある←

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!

刀剣乱舞。大阪城の不思議のダンジョンと噂名高きイベントが来ていて、どうにか50階まで行きました。そして、現在は戦闘回数600回でしたかな?そんなミッションを頑張って達成すべくやってます。
レベル上げにはもってこいというイベントで、現在池田屋攻略メンツである短刀勢が一軍のレベルに追いつけ追い越せって勢いで上がっています。大阪城攻略隊リーダーとして一階から潜ってくれた不動君が70に足掛けてるので、凄い育ってる感があります。不動君が麹派だろうが、甘酒を愛する者として推してるって言っちゃあ推してる。
しかし、刀剣乱舞は作業感満載。しかも、全滅可能性ゼロのところを周回しているので、ぽちぽち画面クリックしているだけで良い。心が無になっていきます。
さらに悪いことに、刀剣乱舞と小説執筆って相性悪くてですね。筆がちっとも進みません(吐血)

そういえば、刀剣男子もあれから増えて、薙刀勢もちょっと増えてます。
今回の大阪で石切丸さん来まして、岩融さんや巴形さんなんか来てくださいました。巴さんは春のシール祭りで交換しようか本気で迷った方だったのでちょっと嬉しい。

しかし、ソシャゲって奴はツイッター上での呻き声を聞いていると、悲痛さが漂ってくるので(石が足りなーいとかガチャ来なーいとか)そういう意味では刀剣乱舞って優しいのかなって思ってきています。

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]