忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
様々なゲームに浮気しつつ、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコと芋けんぴがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □
1 2 3 4 5 6 7 8

刀剣乱舞。大阪城の不思議のダンジョンと噂名高きイベントが来ていて、どうにか50階まで行きました。そして、現在は戦闘回数600回でしたかな?そんなミッションを頑張って達成すべくやってます。
レベル上げにはもってこいというイベントで、現在池田屋攻略メンツである短刀勢が一軍のレベルに追いつけ追い越せって勢いで上がっています。大阪城攻略隊リーダーとして一階から潜ってくれた不動君が70に足掛けてるので、凄い育ってる感があります。不動君が麹派だろうが、甘酒を愛する者として推してるって言っちゃあ推してる。
しかし、刀剣乱舞は作業感満載。しかも、全滅可能性ゼロのところを周回しているので、ぽちぽち画面クリックしているだけで良い。心が無になっていきます。
さらに悪いことに、刀剣乱舞と小説執筆って相性悪くてですね。筆がちっとも進みません(吐血)

そういえば、刀剣男子もあれから増えて、薙刀勢もちょっと増えてます。
今回の大阪で石切丸さん来まして、岩融さんや巴形さんなんか来てくださいました。巴さんは春のシール祭りで交換しようか本気で迷った方だったのでちょっと嬉しい。

しかし、ソシャゲって奴はツイッター上での呻き声を聞いていると、悲痛さが漂ってくるので(石が足りなーいとかガチャ来なーいとか)そういう意味では刀剣乱舞って優しいのかなって思ってきています。

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!
PR


私、稲野は体は丈夫な方であります。
風邪なんかの体調不良で仕事を休むことは一年に一度あるかないかですし、毎月定期的にくる例のものも酷くありません。これから飛散する花粉も、薬なしで凌げます。
どんなに鬱でも燃え尽き症候群でも、薬は嫌いだから働いて凌ぎました。介護は肉体労働。汗水垂らして心を無にして動いていると、なんとなくスッキリ。力こそパワー系治療法で、かなり健康な人生を歩ませていただいております。
そんな私が1日不健康になる話。個人的には忘備録的な意味で綴ってます。

あんまり綺麗な話じゃないので、追記に

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!





わわっ!何だか拍手いただいちゃって感謝しております。っていうか、今回の更新ジャンル、ちょっと特殊なのに拍手頂いちゃって良いんですかって感じです。何気にDQ10層が常連にいるんだろうか…。

ものすごく欲しくて偶然にも初回限定を手にしたワークワークを、大神クリアした為に解禁しました!
ちょっと反応的に盛り上がってなかったんで、内容はちょっとイケてないんだろうなぁとか思ってプレイしてます。コンセプト的にはDQ4のトルネコ編を彷彿とさせる、斬新な切り口。勇者さまーランドというテーマパークで、お客様をダンジョンに案内しクリアまでエスコートするお話です。
とりあえず、ドラクエ系に馴染みのある人は最初の1分で逃げ出さないよう頑張って欲しい。私は拒絶に似た衝動から本気で売ることを考えたが、あれは慣れる。頑張れ。本当に慣れる。慣れとは恐ろしいものだと思えるようになります。
レベル上げは完全にドラクエ系のコツコツ好きな人は好き。中盤になって慣れてきてナメると全滅しかけるので注意すべし。
ぷよぷよのチャットっぽさで、全くテキストの内容入ってこない。びっくり。でも大したこと言ってないライトなノリと中身なので大丈夫。18と16は普通に楽しい。悪ノリ悪ガキノリ大好きな人はぜひにとオススメしたい二人です。
ウミウシが好きになる。

不穏な空気を粉砕するライトさです。そのライトさを覆すほどの真実があるのか、とても楽しみです。
周回とレベル上げがなかなかに辛いですが、最後まで頑張りたいものです。

寒さやゲームや縫い物に集中していた関係で、書き物の勘が薄れつつあるので少しずつ取り戻しています。
今、こうしてブログに書いている文章でさえリハビリの一環です。ブログは完全に稲野の口調垂れ流しの日記みたいな感覚なので、もう、閲覧者の皆様にはご不便おかけしてます。もう少ししたらマシな文章書けるかもしれない。体力と精神面で大分文章力を失っています。とにかく、書く体力を取り戻していきたいです。

ブクログも少しだけ、1件、2件くらい追加しました。ブクログはレビューとして誰かが見ても耐えうる文章として固めにしていますからね。ブログとは違った緊張感で書いています。
そんなブクログではDL専用のソフトはレビューできないのですけど、駄目元で検索したらOPUSコレクションなるものが発売したとか!!!
このブログでも去年触れてましたけれど、本当にOPUS素晴らしいんで是非。音楽ついてこのお値段!あぁ、私もDL版でゲームしてなかったら即買いしたかった!!
あぁ、しかし、アップデートされるごとに鮮明になる世界をリアルタイムで経験した事を思うと、DL版買ってよかったです。悔いはない。
私が小説書くレベルで素晴らしいので、店頭でお見かけしたら手にとって裏だけでも見て欲しい。むしろパッケージを手に取りたい。私が感動を手に取りたい!!!(おちつけ)

『OPUSコレクション 地球計画+魂の架け橋』スペシャルサウンドトラック視聴PV https://youtu.be/vb7SMUGTLNM @YouTubeさんから

http://flyhighworks.heteml.jp/games/opuscollection/

あぁあああ!ボーナストラック!羨ましいぃぃいいい!!!

稲野が一度は通っておきたかった名作、大神をついにクリアしました!
ストーリーは一度クリアしたんですが、はぐれ珠というやり込み要素を達成してクリアすると特殊なエンディングが観れるらしいのでそこまでやってからクリアにしようと心に決めていました!

ストーリーは文句なしの最の高。
中盤に良いエンディングだなーって所からの俺たちの冒険はまだまだ続くんだよって展開が大好きです。むしろ、ラスボスっぽい存在が早々に来て、かつ、実力がないのに大丈夫なのかと思ったら、案の定倒し方が分かってなくって討伐に30分も掛けたのは良い思い出です。だらしのない元凶のスサノオが、最後の最後に凛々しく見えたのは演出の為せる業。男気を感じました。
随所随所に日本昔話のアレンジを盛り込んでいて、カグヤの話は昔話に見えて物語の考察に欠かせない要素であったり、八犬伝の犬達の可愛さにメロメロしてました。ヒミコさんとかワダツミさん、ツヅラオさんが悲しい結末を迎えてしまうあたりが、闇との熾烈な戦いを感じさせていました。
カムイはアイヌ系に親しみがあればもっと楽しめたのかもしれませんが、それを差し引いても良かったです。
最終戦の演出は、ちょっと、自分が考えてる9に似ていたのでやっぱ神様系はこの流れ行っちゃうよねーと思いながら泣いてました。うぅ、涙腺が弱い人なんです。星のカービィトリプルデラックスのように演出ガツガツ入れてくる最終戦はなんだかんだで燃えます。楽しかったです。
とにかく、キャラが一人一人しっかりと作られていて、誰にでも感情移入できる。筆神一柱にもキャラ付けがされており、思い出そうとすれば「あの●●」と特徴まで上げられるほどでしょう。本当に一人一人に思い出がある作品でした。
徐々にスピード上げていくアマテラスちゃんの爽快感が素晴らしいです。しばらくはちょっとした段差でジャンプしちゃう癖がついてしまうことでしょう。走った跡に花が咲くのも、ジャンプしたら木の葉が舞い綿毛が飛ぶのも、見ていてとっても楽しいです。神様ってこういうものなのかもしれないし、もののけ姫のシシガミ様を思い出します。鳥居を潜るか潜らないかで世界が変わるのも、オカルト的に大好きでした。神様の世界を親身に感じます。巻物の絵柄もすごい好き。延々とスクロールしちゃう。
過去にとてつもない文明を匂わせる設定も大好きです。

残念だったのは四国九州沖縄に行かなかったこと。私はカムイクリア後に行けるんですよね?ヤマト乗っちゃうよ?乗っちゃったよ!エンディングだよウソダーーーーーー!!!って絶叫しました。
山陰には出雲が、九州には桜島、沖縄だって良いじゃない、四国のお遍路のネタなんかそれだけで一本新作行けるだろう!とか思うレベルだっていうのにぃいいい!!あぁ、残念すぎて辛い。発売して大分経つタイトルなので、続編まだなのは諦めるべきなんですよね。しょんぼり。

アクションはスプラトゥーンで大分鍛えられたおかげか、割とすんなりいけました。ボス戦も初見で全部撃破行きましたし、イダテンやハヤトの追いかけっこも直ぐクリア、爆走カイポク姉さんの競争も1日練習して鼻差勝利に漕ぎ着けてます。羅城門連戦はうっかり一回異袋を使用してしまいましたが回復に気をつければ勝ててしまうレベル。
大神推しの友人はアクションが大変と言っていましたが、今の私なら大丈夫だったようです。むしろ発売当初の自分であったならクリアはさぞや大変だったことでしょう。カイポク姉さんの競争とか投げ出していた可能性もあります。
完璧の攻略は、このゲームでは初めての動画録画を採用。そうしなければ倒せない。諦めない心を得た気がします。

本当に素晴らしい作品でした。この作品に触れられたこと、幸せです。
また、面白い作品があったらどんどん触れていきたいものです。

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]