忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 8
11 12 15
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
様々なゲームに浮気しつつ、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコと芋けんぴがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □

好きな装備品は?
鋼鉄の剣
序盤の装備が終わって中盤が始まるんじゃないかってタイミングでやってくるので、売り場にあると『おおおお』ってなります。デザインも好き。大衆向けのデザインでかつ、一人前からベテランくらいの人が持つ感じが好きです。

行きたい場所(ダンジョン)は?
アストルティアのウユニと呼べる、アラハギーロの南にある湖。夜とかめっちゃ美しい。
あとはSFCDQ1のマイラ。木漏れ日が大変美しかったのが衝撃的で、あそこで温泉浸かりながら原稿合宿したい。

嫌いな呪文は?
メラゾーマ。アストルティアのメラゾーマとか即死級ダメージ叩き込んでくるので、本当に痛い。
さらに上位に神速メラガイアーとか来るんですけど、使用者はボスクラスなのでまだ死ぬのはしょうがないと思ってます。メラゾーマで殺してくるの、本当に戦略的に後手に回ってる感があって自分が腹立たしく感じます。ちなみに最近だとゲルニックさんのメラゾーマ本当に痛かった。

好きなカップリングある?
夫婦ならトルネコネネ夫妻(不思議のダンジョンのネネさんめっちゃ敏腕で良妻。すごい)
絶対ゴールイン確定のカップルならヤンガスゲルダ(ヤンガスと不思議のダンジョンの二人めっちゃ可愛いです)

飼いたいモンスターは?
プリズニャン、トンブレロ、しびれくらげ
アストルティアでモンスター職解禁して真っ先にゲットした御三家です。
余裕があったらメタッピーとかも仲間にしたい。

好きなラスボスは?
やっぱり竜王様ですね。
もうねー、アストルティアに来てくださった時、カメラ構えて焼き殺された回数限りなかったです。幸せでした←

嫌いなモンスターは?
未プレイだがガルマッゾさんの気色悪さは、最後の最後のオルゴデミーラさんをも超えると思ってる。
受け入れ難さは最終形態ラプソーンで良いと思います。

好きなBGMは?
広野を行くが思い出深くて好きです。
燃えるのは不死身の敵に挑む。かっこいいの一言。

好きな呪文は?
ゲーム中の使用頻度ではダントツにルーラ。お世話になってます。
自分が使いたいなら、リホイミ系かなぁ(FFでいうリジェネ。このサイトでは回復が段階的に微量ずつしていくため疲労感が少なく、湿布みたいに魔方陣描いて使用する方法で使われてるのがそれ)

コンサート・スペクタルショー・VR等のイベントに行ったことある?
コンサートとスペクタクルショー、竜王城からの脱出、ユニバーサルスタジオジャパンのコラボイベント行きました!結構DQ狂いだって自覚はあります。

ドラゴンクエストをして良かったこと
世界が広がったこと。
DQ小説書いて繋がった縁、DQ小説から他の作品書いて繋がった縁、いろいろあります。ありがたいことです。
PR

診断メーカーさんの質問が、Twitter版のバトンなんだと思った今日この頃。時代が進んでもやってることはそう変わらないのかもしれません。


1初めてのドラクエは?
私はSFC版DQ5。あののっぺりとしたドット、影がないからこそのシンプルさ故の不気味さ。歴代のDQのグラフィックを鑑みても抜群に絶妙に怖い。若さゆえに怖かったという可能性もありましたが、その後にSFC1・2で怖さはなかったのでやはりSFCDQ5は抜群に怖いんだと思います。
レヌールやらラスボス前の視線やら封印の洞窟とか怖くって、今でもDQ5で最も演出効いてます。


2好きなモブキャラは?
モブ!? えーと、なんだろう、名前のないキャラですよね!
ここは鳥好きって事で、にわとり推しちゃう!7までのドットも可愛いけど、10だともっとリアルで金も白も黒の地鶏系までよりどりみどり!私の10キャラの後ろには地鶏系イケメン黒コッコちゃんが付いてきてくる設定にして、アストルティアライフをエンジョイしてる。


3プレイしたことあるのは?(外伝含む)
ナンバリングタイトルは全部プレイ済み(10も最新verまでクリア)。キャラバンハート/トルネコ1・3/ヤンガス/ルカイル・ジョーカー3プロ/スラもり1/PS2版いたスト/バトルロードビクトリー/スライムのお部屋/


4縛りプレイやる?
9があまりにも簡単そうだったので、二人旅でエルギオス倒しました。
SFCDQ1で『闇の衣の遺産』設定で、竜王討伐目指しましたが、無理でしたね。竜王さんが完全に手加減していたのがわかりました。
3は勇者と遊び人二人旅しましたけど、やまたのおろちとボストロールあたりで止まってしまいました。いずれ、再開させたいです。


5好きなキャラは?
好きなキャラだらけで誰とか選べないです。もう、本当に好きです。


6実際使いたい道具は?
食べ物系の道具が増えてきて、本当に嬉しいです。
本命は『竜の火酒』ですが、DQ10は桜餅とか豚まんとかハンバーガーとか大盛り海鮮丼とかお土産の定番サブレとか重力に従わないケーキとか色々食べ物豊富なので本当に食べて冒険していたい。


7好きなモンスターは?
DQのモンスターってコミカルさがあって好きです。
見た目さとかはプリズニャンとかトンブレロが好きです。
思い入れの深さではメルキドのゴーレム。FCの暴力、CHの心とか色々とシリーズ跨いで涙腺刺激してくれます。


8嫌いな場所(ダンジョン)は?
カボチ村。もう港町でイベント始まるかと思うだけで憂鬱になれます。
レブレサックも胸糞悪くなる嫌いな場所である。
これだけ人の住処に闇を撒くDQはマジで罪深いです。

9彼氏・彼女にしたいキャラは?
いや、彼・彼女はそのままが最高であって、自分が伴侶なりパートナーになることはありえないです。


後半は何回かやって出てきた違う回答を答えていきたいと思います。
拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!

「日向さん来ませんでしたねー」
 この本丸の主人である新任審神者は、そう降り頻る雪を眺めながら呟いた。言葉通りの意味以上の感情はなく、七輪で餅を焼いては忙しなく裏返している。ぷくりと膨らんだ餅を箸で突いては、『お、お、膨らむのかな? ほらほら、膨らんでごらんなさい』と一人遊びに興じている。
 審神者がそんな遊びをしていると、呆れた声が掛けられるものだが今はそんな声はない。もっとも傍にいる筈の人物は誰だったか、そう首を巡らせば刀鍛冶師が磯辺巻きを手にぼうっと雪を眺めている。まるで魂でも抜けてしまったか、審神者が視線を遮るように手を振って、ようやくこちらに気がついた。
「大丈夫ですか?」
 瞬いた目元はくっきりと隈が浮き出ており、顔色はあまり良くは無い。それでも、うっすらと笑みを浮かべてみせる。
「あぁ、大丈夫だ。これはいつもの事だ」
 審神者が依頼を出すことで本丸に来訪し鍛治を担う鍛治衆でも、相手はこの本丸の火入れの儀を行った付き合いの長い鍛治師である。依頼に応えて颯爽とやってきて、テキパキと仕事をこなす姿は本丸の風景の一つになっていた。具合が悪そうな様子を心配そうに見ている審神者に、鍛治師は教師のように語りかけた。
「今回の星廻りで日向と大般若が連続で打てると判明してな、各本丸の鍛冶場が戦場状態なのだ」
 はぁ。審神者は意味もわからず、ため息のような相槌を打った。
 新任審神者だ。分かる訳もない。鍛治師は呑気な反応が愛おしくさえ思えた。
「君は新任だから、そんなに資材も依頼札も手伝い札もないだろう?」
「そうですね。大般若さんは大量の資材が必要なので、日向さんのように多くは挑めませんね」
「だが、熟練の審神者はそうではない。潤沢な資材、余りに余った依頼札と手伝い札を間髪なく注ぎ込んでくる。そうすると、どうなると思う?」
 手伝い札とは普段よりも多くの鍛治師を呼び、鍛治を一刻も早く終わらせる方法である。審神者は手入れくらいでしか使ったことはないが、何時間も掛かる鍛治があっという間に終わるということは聞き及んでいる。うーん。うーん。審神者は香ばしい磯辺巻きを口にしながら考えて、醤油の香りがする息で答えた。
「刀鍛冶衆が大変ですね」
「そうだ。大変なんだ」
 目の前の雪だるまと変わらぬ大きさの白いため息を吐いた鍛治師は、うんざりした様子で磯辺巻きを口にした。
「もう粗方の刀を手にした審神者も目の色変えて依頼を出してくる。手伝いの依頼もいっぺんに出して、終わったら次の鍛治と、こちらが休む暇すらない。まさに馬車馬がごとき扱いをしてくるのが、この星廻りの時期なのだ」
 お茶をすすり、鍛治師は呟いた。
「まさに地獄だ。これだけやって、望んだ刀が出ないと審神者が嘆くのだから報われぬ」
「お疲れ様です」
 丁寧に頭を下げ労われた労に、鍛治師も『いえいえ、休ませてもらってます』と頭を下げた。


うち、新人だからそんなに鍛治できませんけど、他所様は依頼札と手伝い札めっちゃ注ぎ込んで鍛治してるらしいので、鍛治師達死んじゃうんじゃないかなぁとか思ってます。
日向さん来なかったし、大般若さんも来そうな予感がしない。
刀剣小説もやってみたいが、歴史めっちゃ苦手なので出来るかはわからないです。一応、この審神者と鍛治師は名前を決めてあったりします。

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]