忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
09 2019/10 11
S M T W T F S
5
9 10 11 12
14 16 17
20 21 24 25 26
27 28 29 30 31
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
様々なゲームに浮気しつつ、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコと芋けんぴがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □
1 2

さて、巷で話題のユアストを見てきましたので、雑感を述べさせていただきます。
これは、稲野個人の感想でありますことを、ご了承ください。ネタバレを多分に含みますので、追記にてどうぞ。



PR



 そこは街道沿いであっても、お世辞にも栄えているとは言い難い宿場町だった。大きな町の間は早朝に出れば夕刻にはついてしまう間であれば、宿場町にわざわざ足を留める理由などないだろう。寂れ、いずれは朽ちて忘れ去られるような小さな宿場町。
 そこが小さくなくなったのは、なんとも不思議な理由だった。
 バンデルフォン王国が滅亡したという噂が、伝書鳩よりも早く世界を駆け巡って数年が経った頃だった。この街道を通る旅人達が、バンデルフォン王国で最も大きな国立劇場を見たと噂した。ステージから最も後ろの客席の客の口紅の色まで分かってしまう小ささながらも、外観も内装も贅を凝らされた劇場は、かつての花々の咲き誇る舞台を精巧に縮小せしめたと感動すらするだろう。神々があの美しい劇場が失われるのを悲しんで、あそこに建て直したと歌う吟遊詩人までいた。
 バンデルフォン国立劇場は、世界最高の舞台であった。王国亡き今、かつての舞台を懐かしんで、数多くの名だたる歌手が踊り手が演奏家が公演した。今では、バンデルフォンの悲劇も風化しつつあり、宿場町は劇場が建つ前の寂れ具合に落ち着いてきている。
「ここで、歌って良いですか?」
 そんな中、その劇場で歌を歌いたいと申し出た人がいた。旅の者という表現がしっくりする若者は、わざわざ足を留めて劇場の裏にあるバラ園を超えて家にまで訪れた。
 眩い人だった。ここには数多くのスターが訪れたけれど、その人は本当に星のような人であった。男と女の輝く所を選り抜いて、その体の中に仕舞い込んだ宝石箱のような人。バンデルフォンが滅ぶ前を懐かしむ、この劇場のファンにしては若い。例えバンデルフォン出身であったとしても、それを懐かしめるような年齢に達していなさそうな若者だった。
「断る理由なんかないさ。好きなだけ歌ってお行き。でも、1日待ちなさい」
 久々に劇場を掃除し、空気を入れ替え、オイルライブを補充する。舞台に立つ者への細やかな礼儀というやつさ。
 バラを摘んで花束にし、我が家にあった一番美しいリボンでまとめる。舞台のオーナーとしての勤めである。
 そして、一番良い酒。封を切ったばかりの葉巻。それをステージの一番前、特等席に用意する。それは、舞台を見る者の特権。その特権を行使できるのは、観客席にたった一人いる私だけだ。
「申し出を受けてくださり、ありがとうございます。ここで歌うのが、アタシの夢だったの」
 旅人はそう深々と頭を下げ、そっと歌い出した。
 まだ伸び代のある歌声であったけれど、その声はなんとも懐かしい。こんな声で歌を歌う娘がいた。若くて瑞々しい、蕾が綻んで満開になった途端、どこぞの騎士と他所の国へ渡ってしまった娘だ。あの娘は好きだった。まだ磨く余地がある宝石。育てがいのあるバラだった。あぁ、あの娘が早々にこの世を去ったと噂に聞いた時は、流石に悲しかった。
 賑わいが聞こえる。あの拍手喝采。巨大な劇場の全ての客席を埋め尽くす観客が総立ちとなって、万雷の拍手を巻き起こす。あの娘も歌っていた。まだまだ伸び代のある声であっても、多くの人を魅了した娘だった。容姿も人柄も、神様がわざわざ見繕って与えたと思える程の稀有なる娘だった。
 拍手は潮が引くかのように遠ざかり、ついに私一人の拍手だけが残った。ステージを降りた若者は小さく頭を下げて、渡された花束を照れ臭そうに受け取った。
「いかがでした?」
「そうね。まだまだだけど、好きよ」
 葉巻に火をつけ、深く煙を吸い込むと、ふっと目の前の若者に吹きかけた。不意打ちだったんだろうね。若者は盛大に咳き込んだ。
 私は笑みを深くする。心が躍る気持ちを抑えられないかのように、動き出す。
 煙を吸い込み血液に乗って全身に行き渡る。まだまだ育つ若い花に、なんて酷いことをするんだろうね。そんな嗜虐的な感情が、美味い酒という燃料を得て燃え出すようだ。
「次にここに立つ時は、もっと磨いておいで」
 若者は無邪気な少年のような笑みを向けた。
「もちろん。世界中の人を笑顔にするような、そんな人になります」
 おやおや、なんと高い志なのやら。これはもう、頑張って長生きしないといけないね。


「あらあら、マダム。まだ葉巻なんか吸ってるの? 健康に悪いわよ!」
 ふっと若者に煙を吹きかける。盛大に咳き込んだ若者は、今では世界で知らぬ人はいない有名人だ。そんなスターが私の吐いた煙に咳込んで乱れるだなんて、世界中のファンから嫉妬されてしまうねぇ。
「これは薬なの。取り上げられたら、すぐにくたばってしまうよ」
 大輪の花を咲かせたけど、まだまだ成長しそうな気がしてしまう。まだまだ、長生きしないといけないね。


今日からニート卒業、社畜復帰ってことなので、ワンライは事前執筆公開予約です。

『シルビア受け版ワンドロ・ワンライのお題の告知です。
第59回は「タバコ・葉巻き」「最も永く続く愛とは、決して報われぬ愛のこと」「マリーゴールド(#f39800)」です。
たくさんの方のご参加お待ちしております。』
バラじゃなくてマリーゴールドにすれば良かったぜ。

ひさびさに、ワンライってことで一時間で仕上げてみた。
一応、シルビア受けワンライって奴なんだけど、さすが稲野、まったく受けとか攻めとか概念ねーな!って感心する。個人的にタバコの煙吹きかけるとか、超絶攻めっぽいんですけどどうですか?(聞くな)
もうちょい花の逸話掘り下げて、艶っぽくしたかったんだが、考える時間と書き慣れる時間が足りなかった。勢いが乗らずに終盤失速したのは痛い。こう、書きたかった部分を一閃突きできなかったのは未熟だなぁと分析してます。精進せねばね!

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!

 流石は金持ちだけが住む事を許されるレンダーヒルズ。地上げで手に入れた家財一式は、どれもこれも一目見ただけで高いとわかるものばかりだ。薄暗い蔵が押し込まれた金銀財宝に明るいくらいだ。
 しっかし、最後に入れたお宝だけはパッとしねぇ。確かに綺麗で立派だとは思う。だが、金銀財宝みたいに派手で、見ているだけで気持ちよくなるものじゃねぇ。
 それはオーガ二人でようやく持ち上がるほど巨大な、グランドピアノというものだ。黒い塗装は鏡みたいに俺を写しているし、形も存在感も決して安っぽくなんかねぇ。鍵盤という白と黒い板が並んでいる所を押すと、音が出る。俺には到底縁のねぇ、楽器というやつだ。ウェディなら少しは馴染みがあんだろうけど、こちとら、腕っ節に物を言わせ、肉と女にしか興味のねぇオーガだ。そんな崇高なご趣味はございませんってなぁ。
「全てさがったか?」
 すっと気配も足音もなく入ってきたのは、この組の長、ツバクロの兄貴だ。背が小さくて、童顔で、エルフだから筋肉質でもない。それでも、攻撃は全くあたらねぇし、ちょっと腕を持たれたら最後、どんな巨体も投げ伏しちまうんだからとんでもねぇ。
 『これで全部です』とデュバルが言えば、兄貴は『そうか』と頷いた。
 そうして一番手前にあったグランドピアノに掛けられた布を外し、鍵盤の蓋を開ける。兄貴は楽器でも嗜む趣味を持っていただろうか? 俺とデュバルが顔を見合す前で、兄貴は鍵盤を一つ押した。ぽろんと音が一つ転がる。俺にはこんな音を出す、こんなデカい楽器に何の価値があるのだろうと熟思う。持ち主だったウェディの小娘が、ババアと練習した思い出の品だって顔真っ赤にして泣いていたな。でも、思い出なんざ金にはならねぇ。俺の夕飯代よりも安いんじゃないだろうか?
「いけんな」
 ぽつりと兄貴が言えば、振り返りスタスタと蔵を出て行く。
「ちと、文を書いてくでのぉ、ピアノにはかもうな」
 兄貴のエルトナ訛りは、時々キツすぎて何を言っているかわからねぇ。デュバルに顔を向ければ『ま、ピアノを持ってけって言ってるわけじゃねぇから、置いとけって意味じゃねぇの?』っていうし、俺もそう思う。足早に去って行く兄貴の背が、いつもと違う気がした。

 兄貴が文をどこぞへ出してから数日後、俺はデュバルとグランドピアノを持って木工ギルドへやってきた。ピアノの下にぎっしりとスライムゼリーを入れた袋を敷き詰めているのは、『ピアノに振動を与えないため』らしい。俺にはよくわからないが、兄貴がそうしろと言うのだ。
 そうしてやってきた木工ギルドは、相変わらず木屑だらけで貧相でしみったれた場所だと熟思う。
 俺達を見てキハダがげっと声を漏らした。久々に会うんだ、ちょっと遊んでやらねぇとな。ぐるっと細っこい肩に腕を回して、にっこりと笑ってやる。ビビってやがる。へへ、可愛らしいねぇ。
「よう、キハダさん。元気でやってるか?」
「カンナさんが言った大口の客って、あ、あんた達のことかよ!? 何しにきたんだ?」
「さぁ。俺達はツバクロの兄貴に頼まれて、荷物を運んだだけだ」
 グランドピアノを覆っていた布が取り払われる。現れたピアノにキハダが『綺麗だなぁ』と声を漏らした。綺麗。まぁ、汚くはねぇ。だが、綺麗っていうと、俺的にはキラキラしてる物の方がしっくりくる。
 ギルドマスターの小娘がグランドピアノを見て、徐に鍵盤を弾く。ぽーんと音がギルドの中に響いた。
「へぇ。木が過剰に湿気を吸ってだいぶ傷んでるねぇ」
「流石、お嬢。一つ音を弾いただけで分かりおりましたか。スミツボのオヤジさんが、草葉の陰で喜んどりましょう」
 俺がキハダを見下ろすと、キハダは小さく首を振った。
「お、俺が分かる訳ないだろ。大事に使われてて、外からの見た目じゃ痛みが分からないよ。そ、それにしてもアンタの所の親分が依頼主なの? あのピアノが傷んでるって、あの親分さんが見抜いたの?」
「あの小娘みたいに一回音だしたら、手紙書きに行ったんだからそうじゃねぇの?」
 俺の言葉を聞いたのか、小娘は嬉しそうに兄貴に笑いかけた。
「へぇ、ツバクロ。アンタの目は、まだまだ濁っちゃいないみたいだね。今から職人に戻らない?」
「勿体無いお言葉ですな、お嬢。持ち主がウェディで長年使っていると知れば、分かるもんでしょうよ」
 俺がキハダを見下ろすと、キハダはぶんぶんと首を振った。ピアノの天板を開け、底を覗き込だりしている小娘に兄貴は言う。
「一週間後にウェナから、調律師がここに来ます。時間が掛かるなら、もうちと遅くできますが、いかがしましょう?」
「ちょうど良いくらいだよ」
「前金は50万、調律終了後に残り50万、振り込ませてもらいます。引き取りはリーネという娘の使いが来るじゃろうて、よろしゅうお願いします」
 へ。俺は目を丸くする。こんな古臭いピアノとか言う楽器に、100万ゴールドも使う価値があるのだろうか? っていうか、それ、金にしないの?
「ツバクロ。アンタが取りに来ないの?」
「ワシはちと預かっとるだけなもんでしてね」
 娘が『ふーん』と兄貴を見て笑っている。そんな小娘の顔を見て、ツバクロの兄貴は肩を竦めた。
「お嬢。そがな苛めんでください」
 時々、兄貴の金の使い方が分からねぇ時がある。こっちが損してるだろうに、なんで、皆、嬉しそうなんだろう? 俺には分かりそうもねぇな。


広島弁!!!!!!!!!
わかんない!!!!!!!

とはいえ、ツバクロさんはテキスト量がそんな多くないので、っぽくまでしかいけませんね。しかも、彼の場合、広島弁をスパイス程度に入れてる感じなのでさらに難しい。
筋を通せば分かる人なので、ちょっと良い人の時もあります。それがいい。
カンナさんの母親と馴染み深い人ですが、カンナさんには無一文で拾われて…とか扱き下ろされてかわいそうです。彼が職人を辞めて堅気の道から堕ちた理由を考えるだけで、一万文字は軽いですね。はーー。棟梁の娘に恋い焦がれて、でも腕前はそれほどでもなくて、やさぐれちゃったらどうしよう!青春だね!

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!

大炎上したパクレ警部の事件簿への対応として、追加されたクエストをプレイしてきました。
基本的にネタバレしない方向で綴るつもりなので、未プレイヤーも安心して読み進んで欲しい。

結論から言えば、納得できる終わり方でした。
ただし、今回の追加クエストは炎上に対して急遽ねじ込んだ設定であることを確信させてくれるようなものでした。夢オチも苦し紛れな弁明とも言えそうで、個人的にはパクレ警部の事件簿はシナリオとして完成されていたのでしょう。外からの炎上で形を変えざる得ない。そんなシナリオ担当はかわいそうな限りです。金銭が発生しているので完全に同情するべきではないのでしょうが、一人の執筆者としては同情を禁じ得ません。まぁ、私も全く知らない人が読んだらどうなるかって視点で自分の執筆したものを読み返すよう心がけています。自分の力量に過信せず、初心を忘れず頑張っていただきたいものです。私もがんばる。
ちなみに私がこの終わり方を想定してシナリオを書くなら、ジュレットの段階で布石を敷くし、追加クエストで新たに出現したキーアイテムをプレイヤーに持たせます。そうした方がプレイヤーがクエストの主軸となるため、かませ犬的ポジションに甘んじなくてはならない展開に激おこぷんぷん丸だったプレイヤーの溜飲はだいぶ下がったでしょう。
おそらく、多くのプレイヤーがこれならば致し方ないと納得してくれる、絶妙な落とし所でありました。
流石は…、と申しておきたい。

今回のイベントをクリアすると、オルフェアの酒場の女の子がパクレのオヤジ来ないって心配してくれるようになるので、すごく安心しました。あいつやばいから付き合わない方がいいなんて台詞、オルフェアには全く似合いませんからね!


あと、1億集める為に、金塊10個につられてリーネさんクエストしてきました。
もう本当にスケアロー海賊団は『まじぶっ●ろしてやる』って思える殺意を抱かせてくれて、最高でしたね!笑顔でボコボコにしてやりました!
変身は……………あ、うん。まぁ、リーネさんなら良いんじゃね?って感じです。昔はセーラームーンも赤ずきんチャチャもアニメ見てたんで、変身ものは嫌いではないはず。なので、年をとったんだなぁって実感しました。
きっと、リーネさんクエストの火種と言えるのは、最後の一言なんだろうなぁって思いましたよ。リーネさんの明るい態度が演技であることを如実に語る演出で、んな真面目なキャラなら合成大成功確率増やせよ公式コンチクショーー!くらいは思います。個人的にルベカちゃんくらいの、『世界の平和を保っちゃった☆』って軽さであって欲しかった。ウェディらしく。
たぶん『皆のためにお金を使う』って所は、姉妹を呼び寄せるあたりの優しさで、納得はたやすい。
ただし、最後の一言がプレイヤーの抱く『リーネらしさ』から逸脱したんだろうなぁと思います。これをトルネコでやったら大炎上ですよ。きっとDQ10プレイヤーはリーネさんをトルネコさんと同じポジションとして見ていると思う。金持ちで、ちょっとドジで、善良な人。だからこそ、裏で何かやってるって雰囲気が受け入れられなかったのだろうなぁって思います。もしくは合成で良い効果が出ないのは、策略だと確信するとハラワタが煮えくり返るから、そんなことないと否定したい善良なプレイヤーの思いからかもしれない(そんな奴は誰もいないだろうけどな!)

ただリーネがいろいろ根回しする所に、パクレ警部と同じ匂いがした。
なんかこう、ふわっとしたものの輪郭を捉える作業って大変だろうけど、頑張って欲しい。

噂に聞いていたツバクロさんが出てきて、もうキュンッキュンっすよ!あーーーもーーー、ツバクロさんほんっっとうにかっこいいなぁ好き。童顔だけは本当にどうにかならないものか…。後日一筆してくる←

好きな装備品は?
鋼鉄の剣
序盤の装備が終わって中盤が始まるんじゃないかってタイミングでやってくるので、売り場にあると『おおおお』ってなります。デザインも好き。大衆向けのデザインでかつ、一人前からベテランくらいの人が持つ感じが好きです。

行きたい場所(ダンジョン)は?
アストルティアのウユニと呼べる、アラハギーロの南にある湖。夜とかめっちゃ美しい。
あとはSFCDQ1のマイラ。木漏れ日が大変美しかったのが衝撃的で、あそこで温泉浸かりながら原稿合宿したい。

嫌いな呪文は?
メラゾーマ。アストルティアのメラゾーマとか即死級ダメージ叩き込んでくるので、本当に痛い。
さらに上位に神速メラガイアーとか来るんですけど、使用者はボスクラスなのでまだ死ぬのはしょうがないと思ってます。メラゾーマで殺してくるの、本当に戦略的に後手に回ってる感があって自分が腹立たしく感じます。ちなみに最近だとゲルニックさんのメラゾーマ本当に痛かった。

好きなカップリングある?
夫婦ならトルネコネネ夫妻(不思議のダンジョンのネネさんめっちゃ敏腕で良妻。すごい)
絶対ゴールイン確定のカップルならヤンガスゲルダ(ヤンガスと不思議のダンジョンの二人めっちゃ可愛いです)

飼いたいモンスターは?
プリズニャン、トンブレロ、しびれくらげ
アストルティアでモンスター職解禁して真っ先にゲットした御三家です。
余裕があったらメタッピーとかも仲間にしたい。

好きなラスボスは?
やっぱり竜王様ですね。
もうねー、アストルティアに来てくださった時、カメラ構えて焼き殺された回数限りなかったです。幸せでした←

嫌いなモンスターは?
未プレイだがガルマッゾさんの気色悪さは、最後の最後のオルゴデミーラさんをも超えると思ってる。
受け入れ難さは最終形態ラプソーンで良いと思います。

好きなBGMは?
広野を行くが思い出深くて好きです。
燃えるのは不死身の敵に挑む。かっこいいの一言。

好きな呪文は?
ゲーム中の使用頻度ではダントツにルーラ。お世話になってます。
自分が使いたいなら、リホイミ系かなぁ(FFでいうリジェネ。このサイトでは回復が段階的に微量ずつしていくため疲労感が少なく、湿布みたいに魔方陣描いて使用する方法で使われてるのがそれ)

コンサート・スペクタルショー・VR等のイベントに行ったことある?
コンサートとスペクタクルショー、竜王城からの脱出、ユニバーサルスタジオジャパンのコラボイベント行きました!結構DQ狂いだって自覚はあります。

ドラゴンクエストをして良かったこと
世界が広がったこと。
DQ小説書いて繋がった縁、DQ小説から他の作品書いて繋がった縁、いろいろあります。ありがたいことです。

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]