忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 9 10
11 13 14 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
DQ11小説アンソロジー主催を勢いでしている傍ら、switch購入してバケツを愛でるイカであり、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □

 暫くしてピペが男を連れてやって来た。男は飢えから解放されて、清々しい好青年に変わっていた。土気色だった肌色は赤みが差し、淀んでいた瞳に生気が満ちている。男がした敬礼は俺達が見て来た兵士の中で、一番キレがあってカッコいい。
「危うく、飢え死ぬところだった。俺の名はテグラム。あんた達は俺の命の恩人だよ」
「テグラム!」
 俺達の驚きの声に、テグラムの肩が跳ねる。
 俺達はテグラムに今までのことを説明した。行方不明になって随分と経っていて、死んでいるのではと言われていること。テグラムの祖父であるダイムが心配していること。ここに来たのは、ミシュアに会いに行くためだったこと。一通り伝えると、テグラムの神妙な顔にクロウズが訊ねた。
「なんで、君は牢屋の中で飢え死にしかけてたんだ?」
 牢屋には鍵が掛かってなかった。動けなくなるような手酷い外傷もない。飢えを感じたら逃げ出すことは、難しくなかったはずだ。あんな気色悪い食い物に飛びついたことを考えれば、死ぬつもりは更々なかっただろう。
「アンルシア様に命令されたんだ。ここにいろ。そう、命じられて動くことができなかった」
「命令 より 命 大事」
 俺の言葉にテグラムは首を振った。
「アンルシア様の命令には絶対に逆らえない。死ねと言われたら、俺は迷いなく自分の首を搔き切ると思う」
 俺達は互いの顔を見合わせた。グランゼドーラの人間は確かに、勇者姫アンルシアに心酔している。熱狂的支持とも言える彼らは、確かにアンルシアが死ねと言ったら死ぬかもしれない狂気を持っている。アンルシアに忠誠を誓っているだろう兵士のテグラムだが、それは兵士の忠誠心としての発言じゃなくて、ものを食うためには噛むのが当たり前みたいな当たり前の行動を淡々と言うような冷静さがあった。
「と、言うことは、君はアンルシア姫に命じられて、自分でこの牢屋に入ったってことか?」
 テグラムが頷くのを見て、クロウズは考えていることを言葉に変えるように語り出した。
「俺はグランゼドーラの連続失踪事件を追っていたんだ。人々が次々とアンルシア姫に会った後、消えていく。アンルシア姫の命令が一種の強い暗示ならば説明がつく」
 そこで、ふと、クロウズは顔を上げた。
「なぜ、ダイム殿はテグラム君の行方不明を心に留め続けられたのだろう?」
「自分の 家族 当然」
「いや、行方不明者の家族は行方不明者のことを直ぐに忘れてしまう。アンルシア姫に『失踪者のことは忘れろ』とでも言われたのかもしれない。だが、ダイム殿は例外なんだ。ダイム殿は孫であるテグラム殿が失踪したことに、いつまでも納得しなかった。落胆した姿は人々の記憶に伝播して、テグラム君の失踪は民の心に比較的長く残っている。それは、牢屋に入るよう指示したアンルシア姫にとって、不利になる」
 ダイムだけ特別。俺は頭が良くないから、わからない。
『ダイムさんは『ミシュアと話していると、心の靄が晴れたかのような気分になった』と言いました。ミシュアはアンルシア姫の暗示を打ち破る力を、自覚しなくても放っていたのかもしれません』
 なるほど。それぞれが納得した面持ちになった時、遠くで扉が開く音がした。

ゲームではかるーく済まされてた失踪事件の詳細。
空間転移系の術が使えるなら、それでひょいっと誘拐しちゃえばいいんですけど、後々の展開を考えてこっちの方が有力かなぁと思いました。

先日、モンスターバトルロード挑戦権がカンストしそうだったので、ちょっと本腰入れてバッジ集め行ってきました。ついにハッピーハート足りない問題も出てきて、コインが足りないやばいです!初、光バッジはソーミャちゃん、レジェンド配合はアルウェ王妃ちゃん様と、ついに最上級クラスのバッジ配合に手をかけるようになってきました。
挑戦権を100以下くらいまで使い込みたいものです。
ちなみに、ドルセリンは見つけ次第10倍にしているので、溢れた分を自宅モーモンで450Gで販売してます。少しでも節約したい方はオルフェア1290きのこ4へお買い求めくださいませ!

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございました!
PR


Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]