忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 5 6
14
16 17 18 20 21
23 25 26 27 28 29
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
様々なゲームに浮気しつつ、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコと芋けんぴがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □
16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6

Twitterで小説と漫画の比較というのをやっている方がいたので、私もやってみました。
あくまで個人的意見なのですよ。


【作業への入りやすさ】
□小説
 条件揃わないと全く無理
 書ける段階にならないと一文字も書けない。この書ける段階とはプロットが出来上がってるとかそんなレベルではなく、その話の筋道が浮かんだとかそういうレベルです。一行プロット(連載段階で完成済)、稲野のやる気、視点主人公、筋道、見せ場的なポイントなどが全て揃わない限り始まらない。気に入らないとボツになることはよくある。

□絵
 まぁまぁ入りやすい
 なかなか描けない絵ではあるが、描きたいモチーフというものはなかなか描けないだけあって溜まっているので描こうと思えば描ける。最近はスマホで描けることが判明したので絵へのアプローチへの敷居はグッと下がったと言える。

□漫画
 描きたい事があればいける。
 問題は漫画になりうる題材。小説書いてる人なら分かってくれるかもしれない。1ページに詰め込める描写は下手すると100文字以下である。すごく短くてまとめる技量で出来上がった題材がない限り、漫画は描けない。

□手芸
 依頼などにより嫁の行先問題が解決すると割とすぐ開始できる。


【作りやすさ】
□小説
 場数踏んでるだけあって創作の中ではダントツの作りやすさ。ノッている時は内心めっちゃ盛り上がって執筆して数時間があっという間に溶けていきます。ただし、作り直しの頻度も他に比べて多いので、完成して気に入らなくて没なんて案件はよくある。

□絵
 描き始めても仕上げられるほどに納得のものができるかは運が絡むので、そこは難しい。まだ気軽に描けるものではないのです。

□漫画
 アナログでガリガリ書くのは癒し。ある意味絵よりも小細工が効かせられるので、絵よりも好きと言える所もあります。ペンをざっくり入れた後は仕上がりまで一息でできてしまうので、アナログは本当に癒し。

□手芸
 作っている間は「この子は絶対イケメンだ。嫁に行って何ら恥ずかしくない」とかめっちゃ自画自賛している為に、とっても作りやすい。開発の時だけは気に入らないとバラして調整し直しという作業が発生するので、容赦無く心折ってきて心が病みそうになるので連続作業はできない。


【作業のおとも】
□小説
 作業用BGMはとりあえず流しますが、ノッてる時は全く頭に入ってきません。ある意味、外界のシャットアウトとして機能しています。Weblioの類語辞典にはよくお世話になってます。

□絵
 まだスマホ環境で音楽聴きながらー的なことができていないので…。絵を書く子のオリジナル画像とかは見ながら描きたい。

□漫画
 作業用BGMが頭の中に入るので聴きます。

□手芸
 完全に手が別の生き物化しているので、テレビ見ながらとか作業できるし相性がいい。やっている間は溜まっている映画とかドラマを消化したりしています。糸通しがないと死ぬ。


【利用ツール】
□小説 テキストエディット
□絵  クリップスタジオペイント(PC) アイビスペイント(スマホ)
□漫画 紙
□手芸 シートフェルト

【一言】
□小説
 日本語できるなら誰でも出来るお手軽な趣味だよ!みんなおいでよ!
□絵
 小説よりも簡単に注目が集まるので、技量的にもそれほどでもないので本当に申し訳なくなる。
□漫画
 小説に比べれば笑っちゃうほど話の進みが遅いので、ずっと笑いながら書いてる。
□手芸
 もふもふはせいぎ

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!

2/5(*´◒`*)様
>>私もサイトが見れるようになって安心しました!ふふふ、どうなるかはお楽しみです!
コメントありがとうございます!
PR


Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]