忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
様々なゲームに浮気しつつ、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコと芋けんぴがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □
23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13


私、稲野は体は丈夫な方であります。
風邪なんかの体調不良で仕事を休むことは一年に一度あるかないかですし、毎月定期的にくる例のものも酷くありません。これから飛散する花粉も、薬なしで凌げます。
どんなに鬱でも燃え尽き症候群でも、薬は嫌いだから働いて凌ぎました。介護は肉体労働。汗水垂らして心を無にして動いていると、なんとなくスッキリ。力こそパワー系治療法で、かなり健康な人生を歩ませていただいております。
そんな私が1日不健康になる話。個人的には忘備録的な意味で綴ってます。

あんまり綺麗な話じゃないので、追記に

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!






朝、目が覚めた時、吐き気を感じた。
もともと吐き気があって吐ける質ではないのだが、吐き気に至ることすら稀である。この時点でだいぶおかしい。ヤバいのである。
だが、吐いてスッキリできるわけがない。目覚めたばかりで胃の中は空っぽ。無いものを吐き出すなんて出来ないのである。だが、嘔気(口頭では『おうけ』なんだか、変換だと『おうき』であると今知った)はどうにもならんので、とりあえず吐きに行ってみる。
当然、吐けない。
吐き気が伴うということは消化器内科系がヤバいというのは推測できたが、その後の排便はまさに健康そのものの形であった。まぁ、なんか、気のせいだったんだろう。そう流そうとした数分後であった。
下痢である。
水様と形容する他ないものが止まらない。泥状とか柔らかいとかの表現がすっ飛ぶレベルの水様である。このレベルを見たのは十年くらい前のノロ患者以来である。
当然、ヤバいと思う。しかし、下痢というのは体の防御反応から、腸内にあるヤバい菌を追い出すための行為であるので、下痢止めはご法度である。とにかく出し切らないといけないのだ。しかし、止まらない下痢と同時進行でヤバい状態が爆進中なのである。
そう、脱水症状である。
とにかく、下痢は脱水を引き起こすものである。ヤバい菌を体外に放出するということを最優先にした防御反応から、体が水分を腸に集中させるのである。下痢が始まる前段階から体の水分は少ないと考えて妥当なのである。ただでさえ、朝何も口に入っていない状態、それは水分も然りである。水分をとにかく摂らないと、脱水症状が出る。
だが、腸が全く鎮まらない現状であまり水分が摂れるわけがない。ちびちびと舐めるように水分を摂る。
一時間ほど体を休めて、どうにか下痢は止まる。仕事を休まざる得ない…そう弱気になっていた気持ちも仕事モードに移ったので、これで働きゃ治るだろうと仕事に行った。が、ヤバそうな症状を説明して仕事はぼちぼちやらせて下さいと言ったら帰された(人が本当にいない現場なので行ったし、帰したのは当然ではあるが奇跡っぽさがある)

これで、家に帰って1日ゲームして楽しく過ごしました!なーんて文字が続くと私も思っていましたよ!

そこからが、不調の本番である。もう、布団に横になったら全く起きれない。仕事モードの緊張が切れて、凄まじい体のだるさである。もしかしたら発熱と脱水のコラボが来てるのかと思うほどです。スポーツドリンクも買ってるんだが、飲む気が起きぬ程。
ご飯が喉を通らない。これはガチでヤバいやつである。不調の時は過食傾向に走る質なので、マジでヤバいと実感するわけです。1日トータル茶碗一杯のご飯。おかずはほぼ梅干し(梅干しは神の食べ物だと思う程感謝した)で過ごしました。
体の節々も痛い。発熱から来るとは思ってましたが、熱を測る元気はなかったです。でも、夕方になって体調マシになってきたので、風呂には入りました。体の痛みに染み渡ります(最近の風邪は入浴しちゃだめって感じじゃなくなりましたからね)

ま! 翌日は普通に早番の仕事してましたけどね!
丸一日、ろくにご飯食べてないし、午前中みっちり入浴介助してたおかげで食欲戻りました!
いやー、1日で済んで良かった良かった!
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]