忍者ブログ
ハコの厚みはここ次第!
■ Calendar ■
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 5 6
14
16 17 18 20 21
23 25 26 27 28 29
□ Profile □
稲野 巧実
『ハコの開き』の管理人。
様々なゲームに浮気しつつ、アストルティアに度々出没する駄目社会人。ルアム【XI881-625】で冒険中。エンジョイ プクリポ 愛Deライフ! 貴方の旅に光あれ!
行動してから後悔しろが信条の体育会系思考。珈琲とチョコと芋けんぴがあれば生きて行ける!
■ Booklog ■
□ search □
20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10

 おうよ。このイッショウ様に感謝するんだな。俺は確かにそう答えた。
 行き倒れは体が重いのか、酷くゆっくり、口の中の貝が抱いていた砂利を噛みしめるように頭を下げた。
『ありがとうございます』
 変な礼だった。嬉しくとも煩わしくとも感じ無い、ただ肺の中の重い空気を言葉に変えたかのような礼。それでも俺は礼を言われるだけのことをしたと、不機嫌そうに礼の言葉を受け取った。行き倒れのせいで貴重な2日を使っちまったんだ。俺はパンと膝を打つと、立ち上がって行き倒れを見下ろした。
『感謝の気持ちがあるってんなら、俺の手伝いをしやがれ! こちとら色々と入り用で忙しいんだからな!』
 行き倒れはあんまり役には立たなかった。剣を握らせたって、スライムに遊ばれちまって護衛の役には立ちゃしねぇ。魔法は少し心得があるみてぇだけど、使い方がなっちゃあいない。機転はそこそこ利くみてぇで、おとりになって魔物の注意を逸らしたり、材料のありそうな場所の目星をつけたり役にはたった。
 材料が揃っていざ錬金となったが、俺は錬金術の才能に恵まれちゃいねぇ。焦りに椅子を蹴っ飛ばして壊したが、リリオルは怒りもしない。ただ高熱にうなされて眠り続けているばかりだ。
 絶望を突きつけられ、俺は錬金釜の前で膝を折って蹲っちまった。泣いたってリリオルは良くならねぇのに、変な汗ばっかり出てきやがる。くやしい。ちくしょう。死んでしまう。俺の宝物が。妻に託された命が。
『ねぇ、イッショウさん。俺もやってみて良い?』
 錬金釜すら見たことねぇ奴が、出来るわけねぇだろと思いながらも場所を譲った。そうしたら出来ちまったんだ。なんかもう、こいつはただの行き倒れじゃねぇんじゃねぇか?って流石の俺も思った。
 行き倒れは俺に薬が入った吸飲みを差し出した。まるで苺ジャムのような滑る赤が、とぷんと揺れている。俺は震える手で吸飲みを受け取った。ガラスの蓋がカタカタと揺れる。この為に頑張ってきた。この結果のために命を賭けた。この薬を作り出すために、神様が行き倒れのところに俺を導いてくれたんじゃねぇかって思う。
 高温にうなされて口呼吸していた唇は、可哀想なほどにひび割れていた。ガラスの吸口を充てがうだけでヒビから血が玉のように溢れた。あぁ、可哀想なリリオル。あともう少し、少しの辛抱だ。俺はそっと、薬を流し込んだ。赤い液体が唇の間をするりと抜けて、半開きの唇が閉じ、喉が上下したのを見た。
 リリオルの熱はゆっくりとだが下がっていった。行き倒れはリリオルを冷やすための布をこまめに交換し、唇に油を塗り、小さく砕いた氷を含ませてやった。そうして看病した結果、3日には意識を取り戻した。粥を作り、柔らかく煮た野菜を食べさせ、魚が食べれるようになり、肉を自分で口に運べるようになるのを我が事のように喜んだ。ベッドの上で身を起こし、端座位になって過ごし、家の周りを歩けるようになるまで、行き倒れは熱心なほどにリリオルを支えた。
「おとうさん。まだテンレスのことを『行き倒れ』なんて呼んでいるの? 彼はもう家族も同じじゃない!」
 元気になったと思ったら、これだ。この勝気さはきっと妻に似たんだ。
「ふん! 家族も同じだ? だったら稼ぎを入れやがれ! 俺は俺とリリオルの食い扶持しか稼げねぇんだからな!」
「テンレスが稼げれば良いのね! ねぇ、テンレス、錬金釜を使ってお薬とか作ってよ! おとうさんより上手に作れるんだから、きっといっぱい稼げるわ!」
 な! 勝手なことを!
 俺は翌日には『行き倒れ』を『居候』と改めなくちゃあならなかった。居候は錬金術の才能がある。当の本人は故郷の村では失敗ばかりだったのに、どうして上手に出来るのか不思議だなぁと笑いやがる。だがよ、木箱で錬金術をする馬鹿が、アストルティアに少なくとも一人、目の前のヘラヘラ笑う男の姿をしているのだけは確かだ。しかも、木箱で大成功させた事があるとか。馬鹿で天才なんだろう。


この人、べらんめぇ口調だから早いんだろう。そして気が短いしせっかちな性分な気がする上に回想なのでめちゃくちゃ早い。
これで半分。とても早い。

拍手に感謝!ぱちぱちっとありがとうございます!
PR


Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © ハコの裏側 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]